フィギュアスケーター、引退後も色々

スポンサーリンク
嬉しいアラカン
manfredrichter / Pixabay



フィギュアスケートの高橋大輔さんが現役に復帰するといいます。

彼は2010年バンクーバー五輪で銅メダルを獲得。

日本フィギュアスケート界のホープでした。

2014年に引退し、プロに転向していました。

現在32歳。

 

高橋大輔選手復帰の理由とファンとしての不安

 

このニュースを見たのは少し前の朝刊でした。

彼の復帰理由は、[自分の人生にはフィギュアスケートという軸が必要だから。]ということです。

もちろん高橋大輔選手の復帰は喜ばしいこと!

32歳でなお、現役として戦いたいという意気込みに感服しました。

でもその反面、大丈夫かな?という心配もあります。

 

高橋大輔選手の演技は素晴らしい!

中でも私が好きな演目は、’ブエノスアイレスの春‘です。

今年4月から練習を始め、今はトリプルアクセルが跳べるまでになったそう。

きっと心底フィギュアスケートが好きなのでしょう。

 

フィギュアスケート選手を引退してからの転身も人それぞれ

 

高橋大輔選手の復帰で思い出したのが、最近引退をした3人の女子スケーター。

鈴木明子さん、浅田真央さん、村上佳菜子さん。

彼女たちの身の振り方も三者三様です。

 

 

鈴木明子選手の場合

鈴木明子さんはプロスケーターとしても活躍しながら、フィギュアスケートのコメンテーターとしてもテレビで活躍。
さらに振付師としても活躍しています。

選手時代は遅咲きといわれましたが、五輪や世界選手権の日本代表に何度もなり、着実に成果を残しました。

 

浅田真央選手の場合

 

浅田真央さんは、10代の頃から注目される際立つ才能の持ち主。
バンクーバー五輪では銀メダル、世界選手権も何度も制しました。
ソチ五輪ではメダルこそ逃しましたが、フリーでの彼女の素晴らしい演技は皆の胸を打ちました。
皆さんの記憶にも新しいことと思います。

その後1年間の休みを経て現役復帰しましたが、タイミング悪く、その時は10代の若い選手が台頭し、実力を発揮できないまま引退となりました。

おそらく、女子選手の中では世界で一番注目をされたことでしょう。

 

今は10人くらいのスケーターを公募し、数ヶ月訓練し、アイスショーを開催しているそう。

現役時代に応援してくれた人達にお礼がしたい、と全国各地を回っているんですって。

練習風景をテレビで観たことがありますが、彼女はとてもストイックで、真のスケーターだと思いました。

 

浅田真央選手が率いるスケート集団は、殆どが無名の若者達。

引退したばかりの無良崇人さんと浅田舞さん。

それ以外は、今大学でスケートをやっている、またはスケートをやっていたが辞めてまた始めた人ばかり。

浅田さんは、チームのみんなに自分の思いを伝えようと必死でした。

彼らのショーが大成功を収めてくれることを祈ります。

 

村上佳菜子選手の場合

 

村上佳菜子さんは、浅田真央さんと同じ頃に引退を表明しましたが、年齢としてはまだ若く、私は意外に思いました。

でも、村上さんはもともとスケートの指導をする仕事がしたかったそう。

それならやむなしなのかな~と納得。

 

今彼女は、テレビのバラエティ番組などに出演し、あの笑顔で周りを明るくしています。

もともと底抜けに明るい性格なのでしょう。
トーク番組や食べ歩きの番組でよく見かけます。

 

けれど、フィギュアスケートファンとしてはちょっと複雑な想いで番組を観てしまいます。

村上佳菜子さんはフィギュアで世界の強豪と戦った選手。
ハードな練習に明け暮れたことでしょう。

その彼女がテレビでおどけてゴリラの顔真似をして見せるのは、ちょっと私には受け入れ難い気もするのです。

 

みんな違ってみんないい

村上さんと浅田さんは本当に対照的。

自分には何の才能もありませんが、もし私がその立場にいたなら、やはり浅田さんと同じことを考えるかも?

どちらかというと、「応援してくれた人達にお礼をしよう」と全国を飛び回る浅田さんのやり方に共感します。

でも、みんなそれぞれ違うのですから、それぞれ違っていていいのでしょう。

 

現役復帰もよし、プロスケーターになるのもよし、指導者になるのもよし、タレントになるのもよし。

みんなみんな、頑張ってほしい!
まだまだ彼女達から目が離せそうにありません。

 

 

 

フィギュアお好きですか?他にも色々書いています。

以前はフィギュアが強くなかった日本から、2人の快挙が!
朝から目が離せなかったフィギュアスケートのライブ放送 本当になんて人達なのでしょう! 羽生選手がショートで素晴らしい演技をしたと聞いても、ファンとしては楽観視できないと思っていました。おかげで、羽生選手があと二人...
デニス・テン選手の死を悼む
新聞を広げると飛び込んできた信じられない文字! デニス・テン選手の名前と'刺殺'という文字が並んでいたのです。 出勤前の慌ただしい時でしたが、読まずにはいられませんでした…。 世界選手権で3位になったこともある名選手 ...
敵ながら天晴れ!ネイサン・チェンの渾身のフリー
金曜日の男子ショートは、残念ながら仕事中で生で観られなかった私。 夕方頃になって、どこかで中継を見たという人から聞いた羽生選手好発進のニュースがもたらされました。 ショートで羽生が1位、ハビエルが2位、宇野が3位...

コメント