デニス・テン選手の死を悼む

スポンサーリンク
感動がいっぱいのフィギュアスケート
manfredrichter / Pixabay



新聞を広げると飛び込んできた信じられない文字!

デニス・テン選手の名前と’刺殺‘という文字が並んでいたのです。

出勤前の慌ただしい時でしたが、読まずにはいられませんでした…。

 

世界選手権で3位になったこともある名選手

デニス・テン選手はカザフスタン共和国のフィギュアスケート選手。

私は彼が十代の頃から着目していました。

カザフスタンという、あまりフィギュアに無縁そうな国の選手だったので、一際印象に残りました。

それに加え、日本人によく似た顔立ち。
とても親近感を覚えました。

 

突如デニス・テン選手を襲った悲劇!

テン選手が、彼の車からミラーを盗もうとした強盗2人組を見とがめ、口論になったのだそう。

強盗はナイフを持っており、テン選手の太腿を刺して逃げたとか。

通行人が救急車を呼び、病院で手当を受けたテン選手。

けれども意識はなく、2時間の心臓マーサージを行なったが、助からなかったんだそうです。

 

物静かな佇まいで、いつも成果を残した彼

羽生選手や外国選手達の中で、いつも凛として氷上に立つイメージがありました。

私の中では、カザフスタンの貴公子という印象。

欧米の選手と違って、あまり派手な自己主張はしない彼でしたが、いつも謙虚で気品があって、とても好感が持てました。

 

今やっと25歳。
まだまだこれから活躍できたのにと思うと気の毒でなりません。

フィギュアスケートに関しては殆ど先駆者のいなかったカザフスタンで、フィギュアを志し、才能を開花させたテン選手。

あと数年は選手として活躍し、その後は後輩を指導したかもしれないのに……。

残念なことに、7月19日が彼の命日となってしまいました。

 

暴力に破壊された、カザフスタンの希望の星

彼の大切な命が奪われたことに怒りを覚えます。
彼はカザフスタンの希望の星だったに違いありません。

それなのに、よりによって、カザフスタンで唯一の(もしかしたら後続の選手がいるかもしれませんが)宝とも言えるテン選手の命が奪われるとは……!

 

本当に残念でなりません。
毎日フィギュアの練習を積んで鍛え上げたスポーツ選手の身体も、当然ではありますが、暴力に破壊されたのです。
暴力が憎い!犯罪が憎い!

フィギュアを愛するファンとして、テン選手を応援していたファンとして、何もできませんが、彼の冥福を心よりお祈りします。

私達は、デニス・テンという若きフィギュアスケーターがいたことを永久に忘れないでしょう。

 

 

久しぶりのフィギュアスケート関連記事がこんな内容になってしまい、非常に残念です…。

以前はフィギュアが強くなかった日本から、2人の快挙が!
朝から目が離せなかったフィギュアスケートのライブ放送 本当になんて人達なのでしょう! 羽生選手がショートで素晴らしい演技をしたと聞いても、ファンとしては楽観視できないと思っていました。おかげで、羽生選手があと二人...
敵ながら天晴れ!ネイサン・チェンの渾身のフリー
金曜日の男子ショートは、残念ながら仕事中で生で観られなかった私。 夕方頃になって、どこかで中継を見たという人から聞いた羽生選手好発進のニュースがもたらされました。 ショートで羽生が1位、ハビエルが2位、宇野が3位...

コメント