以前はフィギュアが強くなかった日本から、2人の快挙が!

スポンサーリンク
嬉しいアラカン
qimono / Pixabay



 

朝から目が離せなかったフィギュアスケートのライブ放送

 

本当になんて人達なのでしょう!

羽生選手がショートで素晴らしい演技をしたと聞いても、ファンとしては楽観視できないと思っていました。おかげで、羽生選手があと二人を残して1位になっていても、私はまだ安心できなかったのです。

 

暫定1位から3位までが控える席では、中国の金博洋選手とアメリカのネイサン・チェン、そして羽生結弦。

新しく高得点者が出る度に、3位の選手からそこを立ち去ります。

ハビエル・フェルナンデス選手がネイサン・チェンを超えたため、フェルナンデスとチェンが交代。

羽生の次に高得点だった金博洋は宇野昌磨と交代。

 

 

一流の中でも超一流の集まるオリンピック!

 

超一流の人たちがぶつかり合う、オリンピック。その中で、緊張やプレッシャーにも負けず、自分の実力を出せた者だけが残れるのです。

 

 

今回のフィギュアスケートでは、いろんな選手に感動をもらいました。

 

 

フェルナンデスにしても、実力は充分で、いつも彼の演技は完璧!

宇野昌磨は二十歳とまだ若く、オリンピックは初めてなのに、今の若者らしく飄々としていました。

羽生結弦は、いつも自分の演技が終わるとどや顔。

 

 

少しミスもあったので、私としては得点が気になって仕方がありませんでしたが、羽生は会心の演技ができたということで、今回は特別な感情が沸き起こったようでした。

あのいつも強気の羽生が泣いている……。それはそうでしょう。

 

 

足首の大怪我から立ち直った奇跡!

 

正直、3ヶ月では到底無理だと誰もが思っていたことでしょう。

リンクの上での練習さえ、ほとんどできなかった羽生。私としては、絶対王者の彼が負けるところなど見たくなかった。

 

ところが、彼は、完全復活わや私達に見せてくれたのです!

彼が、演技の後で唇を動かしたのですが、きっと彼は、「ただいま」と言ってくれたのだと私は思います。

 

 

そして誰もが沸いた、宇野の銀メダル!

 

本当によかった~と思います。

テレビの中継が終わっても、私は暫く興奮が覚めず、それからしばらく経った今もまだ続いています。

 

以前は日本はフィギュアスケートはあまり強くなかったようです。しかもひとりの選手が2連覇するのは、66年ぶりの快挙なのだとか……。

 

快挙を成し遂げた羽生が宇野、フェルナンデスと並んで表彰台に立ちます。偉大な成果を出してくれた二人の若者を「時代も変わったなあ」と感慨深く見つめたのでした。

コメント