50年経った今も同じメロディーを奏でる、祖母からもらったオルゴール

スポンサーリンク
宝物のオルゴールを開けたところ 昔むかしの思い出話



書棚の1番上に、オルゴールを見つけました。

 

いつもそこにオルゴールがあることは意識していましたが、わざわざ手に取ってネジを回すということはありませんでした。

 

でも、2〜3日前、本棚を片付ける必要があって、私は棚のものを全て取り出したのです。

 

50年以上前に買ってもらった、すっかりアンティークなオルゴール

宝物のオルゴール外観

宝物のオルゴールを開けたところ

箱の部分は漆塗り。

中にバレリーナがいて、ネジを巻くとクルクル回ります。

曲名は、シューマンのトロイメライです。

中には鏡も付いていて、バレリーナの両側の赤い窪み部分はアクセサリーが入れられるようになっています。

 

 

年季の入ったオルゴールは大事な思い出の品

それを買ってくれたのは、祖母でした。

当時私は小学校の高学年。
祖母は確か、75歳くらいだったでしょうか?今でいう後期高齢者です。

オルゴールを買ってもらったきっかけというのは、どうということもないのですが、私が学校で何かの賞をとったから。

 

意外にも1番喜んでくれたのが、祖母だった

私は子供の頃から、決して人懐っこい子どもではありませんでした。あまり自己をアピールもしないし、どちらかというと言葉足らずな子ども。

 

一方、年齢の離れた姉はとても人懐っこい性格で家族、友人、親戚みんなから愛されていました。

 

なので、祖母と姉はとても仲良しでしたが、私の場合は微妙な感じ。

 

ですから、その時祖母が私に、[偉かったなあ!ようやった!]と労いの言葉をくれたのも意外なことでした。

 

憧れの存在だった、オルゴール

褒美に何か買ってあげよう、と祖母は言いました。

そこで私は即座に、[オルゴールが欲しい!]と答えました。

 

当時、オルゴールは知っていたけれど、あまり実際に見たことはありませんでした。
テレビドラマか何かで、裕福な家の子どもが持っている、そんな感じでした。

 

 

売っているお店も、デパート。

わたしの住む場所は田舎だったので、すぐにデパートに行けるわけでもありません。

なので代わりに母が買いに行き、お金は祖母が出してくれることになりました。

 

その日から私の宝物となったオルゴール

小さな綺麗な箱からいつでもメロディが流れるというのは、私にはこの上なく素敵なことでした。

 

中に入れるアクセサリーは持っていませんでしたが、このオルゴールが私の大切な宝物。

 

 

当時のお金で確か2千円

70代の祖母が自分の年金で買ってくれたオルゴールでした。

 

祖母の年齢に近づきつつある今、思うこと

オルゴールの中心で踊るバレリーナの人形アップ自分の年金からお金を出してくれた祖母。

 

オルゴールを貰った時、私は祖母にちゃんとお礼を言っただろうか……?

嬉しい気持ちも感謝の気持ちもとても強かったけれど、きちんと伝えられたか自信はありません。

 

でも、私はこのオルゴールを50年以上も大切にしてきましたよ。かなり古びてしまったけれど、ネジを巻くとちゃんとメロディが流れます。

 

私が生きている限り、このオルゴールと共にいよう。

 

 

思い出の詰まった私の大切なもの…よかったら見ていってくださいね。

子どもの頃に戻ったみたいでなんだか嬉しい、豚の貯金箱
お気に入りの貯金箱が壊れてしまいました。 とてもショックです。 思えば50年近くも大切に使っていた 中学の頃から使っていた豚の貯金箱なんですが、花豚というらしいです。 頭に花飾りを付けていて、目がくり...
人生で2着目の、緑のコートを大切に着ています
人と絶対にかぶらない、自分にも合っているお気に入りのコート 今とっても気に入っているコートがあります。もう今年で3年目になります。 圧縮ウールのロングコートで、色はエメラルドグリーン。 お店が用意してい...

コメント