ついに義妹からプレゼント!?

昔むかしの思い出話
marcelokato / Pixabay



東京へ持ち帰るつもりのお土産を全て義実家に置いて行った
少し前の話。友人の結婚式が田舎であり、夫の実家に泊まらせてもらったときのことです。 式が終わり、私は東京へのお土産をいくつか買って夫の実家に行きました。 姑にお土産を渡しながら、東京へのお土産を見せました。 こういうお土産を買...

先日私が書いた、お土産を全部姑にあげてきた話。
これについて、友人と話していた時のことです。

友人曰く、「お義母さんが全部自分へのお土産だと勘違いしたのは、あなたがお土産を見せびらかしたからじゃないの?」と。

私としては、決して見せびらかしたわけではありませんでした。

「こんなのを買ったんですよ~」と単に見せただけのつもりだったのです。

東京からのお土産は充分用意して、姑に渡してありましたし。

なのに、お土産をもらった直後にちょっと見せられたぐらいで、それらも自分へのお土産だと思う?

もやっとしたついでに思い出したのが、別の状況の話です。

 

私のためにあつらえたような指輪

今だから言える、あの時は本当にお金が無かった!
アラ還になり、振り返ることが多くなった今 今だって決してお金は余ってはいませんが、我が家にはものすごくお金の無かった時代がありました。 当時我が家の働き手は夫だけ。しかも、安月給。 当然、生活は楽ではありませんでした。 ...
私が手放して後悔しているもの3点
今日は私が今までに手放して後悔したものをご紹介します。 ひとつめは、グリコのおまけ 今から遡ること半世紀と5年。 幼稚園児だった私は姉と一緒にグリコのキャラメルのおまけを集めていました。 当時、子どもは大して玩具...

義妹家族が毎年我が家に長逗留していた話は前に書きました。その時のこと。

義妹が私に、「義姉さん、ちょっとこの指輪はめてみてください」と言うではないですか。

何の石の指輪かは忘れましたが、半貴石らしい石がオーバルカットになって指輪の中央に縦に載っかっていました。

はめてみてと言われたのではめてみると、私の指にぴったり!
指の太い私には珍しいことです。
まるで、私のために誂えたみたいな指輪でした。

 

しかし、義妹は言いました。
「これ、私の母に買って来たんです。」

な~んだ、そうだったのか。
ちょっぴり期待もしたけれど、すぐに私は、「こんな高価そうなものが私へのお土産であるはずがない」と思い直しました。

義妹一家は、東南アジアに住んでいたので、そういうものが安く手にはいるそうです。
私は一瞬でも期待を抱いたことを恥じました。

 

私の娘にぴったりサイズのパーカー

義妹は、もうひとつお土産を私に見せました。
ポップなプリントのフード付きパーカーで、子ども用でした。

とても可愛いパーカーだったので、私は可愛い!とほめました。

その後に義妹から出た言葉は、「これ、明日お邪魔する恩師のお嬢さんへのお土産なんです。お嬢さんは小学3年生なんです」でした。

当時、私の娘も小学3年生。

東南アジアでは、デバートで買うと高いから、お土産は自分で生地を買って、安い料金で縫ってくれるお店に持ち込むのだそう。

安かった安かったと自慢するなら、私ならもう1枚縫ってもらうけどな…。

 

指輪にしても、パーカーにしても、私にはとても素敵なお土産に見えました。
私だって、こんなパーカーを娘に着せたいな、とも思いました。
でもぬか喜びは嫌なので、期待しません。

 

世の中、言ったもんがち!?

友人に言われました。
あなたも、こんなに貰っちゃっていいの?って言っちゃえば良かったのに……

でも残念ながら、私はそこまで図太い神経を持ち合わせてはいません。

結局私はそういう損な人間なのでしょう。

言いたいことが言える人間になりたい!
嫌なことを嫌と言えない性格 子どもの頃から、嫌なことを嫌と言えない損な性格でした。 今でも、なぜ嫌と言わなかったんだ!と後悔する場面がしょっちゅうあります。 本当は嫌なのに表に出さず、相手に従ってもロクなこ...

コメント