「綺麗」と「小綺麗」どう違う?

スポンサーリンク
会社や通勤途中での出来事
LubosHouska / Pixabay



 

職場の同僚達と盛り上がった話題

一人の女性が言いました。
今募集している事務スタッフに応募してきた女性の履歴書の写真を見て、「小綺麗にしているね。」と。

それを聞いた男性、「小綺麗は彼女を見下した言い方ではないか?」

 

それで私達は、ああでもない~こうでもない~と考えを言い合うことになりました。

 

綺麗と小綺麗、どんな印象を受ける?

私も実は男性社員と同意見。

「綺麗」と「小綺麗」だと、「綺麗」の方がより綺麗な感じがします。

もし私が「小綺麗」と言われたら、なんだかバカにされたように感じることでしょう。

でも、「小綺麗」と言った女性は、決して見下してなどいなくて、今までも「普通に綺麗な」意味で使っていたそうなのです。

 

綺麗・小綺麗の意味を調べてみた

「小綺麗」とは、決して派手な綺麗さではなく、きちんとしてさっぱりとした綺麗さ。

「綺麗」とは、美しい、特に見た目がきらびやか・はでで美しい様子。

私は、「小」の字がついているから、てっきり「綺麗」よりも綺麗さが劣るのかと思っていました。

 

そういえば、こざっばりしたという言葉は?

こざっぱりしたと、さっぱりしたはどう違うのか……?

私は今まで、「小綺麗」も「こざっぱりした」も使ったことがありません。

60年も生きているのに、おかしなことです。
でも今日この言葉が話題となったお陰で、改めて考える機会を持てました。

 

皆で携帯で各々調べました。
「程よく整っていて清潔なこと」だそうです。

私は今まで、小綺麗のことを、少しだけ綺麗と思い込んでいました。
だから、綺麗より劣ると思っていたのです。

 

三つ子の魂百まで?

三つ子の魂百までとは、こういうことを指すのでしょうか?

頭では理解しているつもりでも、長年思い込んでいたわけです。

「小綺麗」が上から目線の言葉ではないらしいということはわかったのですが、どんどん使っていいものなのかどうかもよくわかりません。

私としては、おそらく今後も「小綺麗」という言葉は使わないでしょう。

 

ふと思い出した「小汚ない」という言葉

小汚い。

これはどうなんだろう?

普通に「汚い」と言われるより、「小汚ない」と言われる方が汚なそうで嫌な感じがします。

やはり「小汚い」も私は使ったことはありません。

だけども、私の個人的解釈では、「汚ない」は汚ない状態をただ表現する言葉、「小汚ない」は、それを言った人の感情または見方が含まれているような……?

 

60年も生きているのに、まだまだ日本語にはわからない部分があるものです。

コメント