7年ぶりに訪れたNewYorkerで私が手に入れた戦利品

NEWYORKERのベーシックシャツ アラカンファッション・美容の話



オーソドックスなシャツを求めて苦労していた私

本当に7年ぶりくらいでしょうか。
震災の後ぐらいからぷっつりと行かなくなっていました。
その別のお店に足繁く行くようになり、気がついたら7年もの年月が経っていたのです。

今さら顔を出しにくかったのですが、店頭で目に留まったのが、普通の、私が探し求めていたシャツでした!

ここで見つけたのがやっぱり縁があったということなのかな。
私は迷わずお店に入っていきました。

 

私が探し求めていたシャツとは

百貨店をたゆたうアラ還
1枚のシャツを探しにデパートに 春夏に着るシャツを探しています。 今年の流行は、抜き襟で、袖口がラッパのように開いたデザインのものが滅茶苦茶多いですよね。 私にはそれが似合うとは思えないので、頑なに避けています。 流行に逆らうと、買...

私が探し求めているシャツについては、前にも↑で書かせていただきました。抜き襟でなく、袖もステージ衣装みたいにヒラヒラしていないものです。

 

ごく普通の形のシャツってなかなか見つからない!

以前は何枚も持っていたのですが、趣味が変わり、手放してしまったのです。

 

ニューヨーカーで一目ぼれしたシャツ

私がNEWYORKERで一目で気に入ったシャツは、こちらです。

NEWYORKERのベーシックシャツ

普通の襟に普通の袖。

 

ニューヨーカーのオーソドックスなシャツ、コットン96%麻4%

ニューヨーカーのオーソドックスなシャツ洗濯表示
おまけに、これからの季節に良さそうな、綿麻素材の薄手の生地

七分袖で、かすかに透け感もあります。

チェック模様なのですが、いかにもニューヨーカーという感じではないところも気に入りました。

お店の人に訊いたら、新しいニューヨーカーのチェックなのだそう。

 

その場で即決!

お値段は16000円と消費税。
結構な出費ですが、あちこち探して歩く手間が省けました。

そして、本当にオーソドックスな形のシャツなので、きっとこれから死ぬまで着られるでしょう。
これからは、流行に流されずに、オーソドックスなものを選んで着るようにしたいです。

 

7年の月日は新入社員を2児のママにする

ところで、嬉しいハプニングが!

お店の中から私に声をかけてくれた女性。
以前私がニューヨーカーに足繁く通っていた時には入社したばかりだったその女性は、何年かの産休育休を経てひとつき前に復職したばかりなのだそう。

あまり会話を交わした記憶もなかったのですが、その女性は覚えていてくれたのでした。

新入社員だった彼女は、今や7年目の働くママに!

4際の女の子と1歳の男の子なんだそうです。

仕事を続けながらの子育ては大変だと彼女は言いました。
むしろ、仕事に来ている時の方が気楽だとも。

そういえば私の職場の人たちも同じようなことを言ってました。

「お子さんが小さくて手がかかるのは今だけですよ」
だから頑張ってくださいねと、私は彼女を励ましました。

私にできることはそれだけだけだけど、これからもちょくちょく彼女に会いに来よう、と思いました。

コメント